海の家ののぼり

のぼり旗の製作は形や大きさも考えた方がより効果的に使える

氷の旗

のぼり旗の形にはいろいろなタイプがあります。長方形型が一般的ですが、R型ののぼり型も存在しています。R型のメリットは、スタイリッシュに見えるのでおしゃれ感を演出できることです。また、普通の人のイメージではのぼり旗は長方形という認識があるので、R型だと変わった形だということで注目が集まるのも利点です。サイズにもいろんな大きさがあり、ジャンボのぼり旗やハーフのぼり旗といった通常タイプよりも大きい物と小さい物があります。
大きい物は屋外に設置して目立たせたいときに向いています。大きいので歩行者だけではなく車からも見やすいので、イベント会場や幹線道路沿いにあるお店などで使うと集客に繋げられます。小さいタイプは、屋内のスペースがあまりとれない場所に設置するのに適しています。
ハーフサイズなので少しの空きがあれば置くことができますし、邪魔に感じられないので印象を悪くすることがありません。のぼり旗の製作は専門店に依頼して行うことになりますが、大体の人は形やサイズを意識することなく、印刷するデザインだけに注目して製作しがちです。しかし、形やサイズも見る人に与える印象を変える点において十分考えるべきポイントなので、製作を依頼するにあたってしっかり考えましょう。

ピックアップ

七五三参りののぼり

のぼり旗の製作にお勧めのポンジ生地

のぼり旗をオリジナルで製作する時に、選択肢となるのが生地の種類です。のぼり旗の製作は専門店に依頼するにしても、生地を選ぶのはあくまで自…

MORE
ラーメンののぼり

多くの人にアピールできるのぼり旗を製作しよう

何気なく道を歩いている時にお店ののぼり旗が目に留まることは良くあります。セール期間中や新発売メニューなど、魅力的な内容が書かれていて、…

MORE

最新記事一覧