海の家ののぼり

お店ののぼり旗の製作はサイズ感がポイント

お城ののぼり

お店の広告宣伝としてのぼり旗は、見た目や形状に目が行きがちですが、効果的な宣伝の為にはのぼり旗のサイズもしっかりと考慮して製作する必要があります。のぼり旗の製作は専門店に依頼する事でオリジナルで作れますが、そのサイズの種類は非常に多様になってきていて、小さい物では幅10センチくらいのテーブルや棚の上に置けるようなミニサイズもありますし、大きい物では長辺が3メートル以上の目印としても使える超大型のぼりも製作可能です。小さいサイズののぼりは省スペースで設置できますし、非常に軽いので取り扱いも簡単です。
ただその分小さいため遠目からの視認性は低くなりますし、地面に設置すると高さが低くなるので目に入りにくくなります。ミニサイズなら商品棚などに設置するのが基本となりますし、レギュラーサイズより低い物については路面より高い位置に建物の基礎がある場合などに重宝します。
一方人よりも大きなサイズののぼりは遠目からでもよく目立つので、路面と同じ高さに設置するのが基本となります。ただ大きすぎると歩行の邪魔になりますし、近くから見た場合に視界より面積が大きくなるので情報が伝わりにくくもなります。道路に面した場所では大型ののぼり旗を使用して遠くから目を引かせて、店の側になるほどサイズを小さめにして通路を確保しつつ情報を一目で伝えるというような使い方がベストと言えます。

ピックアップ

七五三参りののぼり

のぼり旗の製作にお勧めのポンジ生地

のぼり旗をオリジナルで製作する時に、選択肢となるのが生地の種類です。のぼり旗の製作は専門店に依頼するにしても、生地を選ぶのはあくまで自…

MORE
ラーメンののぼり

多くの人にアピールできるのぼり旗を製作しよう

何気なく道を歩いている時にお店ののぼり旗が目に留まることは良くあります。セール期間中や新発売メニューなど、魅力的な内容が書かれていて、…

MORE

最新記事一覧