海の家ののぼり

オリジナルのぼり旗製作では生地を選ぶことができる

祇園祭の誉旗

お祭りの屋台や飲食店の店前などに設置するのぼり旗の製作は専門店に依頼することができるので、宣伝に使いたい場合は特注しましょう。店の看板と同じように外に向けて宣伝するのぼり旗はイメージが良く、集客効果もあります。専門店でオリジナル製作するのは簡単で、のぼり旗の種類を決めてデザインを入稿すればあとは注文通りに作ってもらうことができます。
のぼり旗は外に配置することが多いですが、長く外で使っていると破れたり汚れが目立ってきて印象が悪くなります。そのため、すでに使っている人でも、傷みがひどいなら新しい物に取りかえるのがおすすめです。また、なるべく長く使いたいなら耐久性に優れた生地や加工がなされたのぼり旗を選んで作ってもらいましょう。
定番の生地はテトロンスポンジという化学繊維の布を利用しますが、テトロントロピカルやカツラギ綿といった生地はそれよりも丈夫で耐久性に優れており、長く使い続けることができます。丈夫な生地でも布は泥や水に弱いですが、撥水加工を施せば生地に汚れが染みつくのを防止できるので、同じく長持ちさせることが可能です。こうした生地は価格が少し高くなるものの、長い目で見ればかえってコストが下がるので、外で使うのぼり旗を製作する場合におすすめです。

見てもらいやすいのぼり旗を製作する方法

のぼり旗の製作は専門店に依頼すればできますが、自由度が高いのでまずは具体的なイメージをはっきりさせてから注文をしましょう。単に色を派手にするだけでは見やすいとは言えないので、設置場所に合わせて色を考えます。建物の色と同じにしてしまうとどうしても目立たなくなるので、それとは別系統の配色がおすすめです。また、せっかくオリジナルで製作してもらうなら、お店のロゴを入れた方が注目度は高まります。
何もないと普通の既製品ののぼり旗と変わらないので差別化につながりません。お店で売っている商品やメニューの名前を入れるのも良いでしょう。縦長の形をしたのぼり旗を見るときは、人は上からなぞって下に見ていくので、なるべく上の方にアピールしたい文字を入れていきます。
専門店で製作してもらう際にはデザインをプリントするのぼり旗の種類が選べますが、必要に応じて変形型のタイプを選ぶと良いです。角が丸くなっているタイプや、ギザギザにしているタイプなどいろいろあります。これは専門店によって取り扱いの種類が違うので、形にもこだわりたい場合は製作に使えるベースの種類を見てお店を選ぶと良いです。迷う場合は見本を参考に組み合わせやデザインを考えると決めやすくなります。

宣伝効果抜群ののぼり旗を製作しましょう

告知や宣伝の為に使用される表示物にはいくつかの種類がありますが、飲食店やスーパーなどの店頭や駐車場などでよく見かけるのがのぼり旗です。これは日本独特の形式の旗で主に逆L字に組んだ竿に長方形の布を結び付けた形状をしています。のぼり旗は元々武士が敵味方の区別をしやすくするために発明されたのですが、戦場でも見分けがつけやすいように作られただけあって視認性に優れた表示物です。
縦に長い長方形をしているので歩いている人や通りの車から見た時に情報を瞬時にインプットしやすいですし、風にはためく事で興味を引く効果もあります。価格としても設置型の看板等に比べて非常に安いので、低コストで大量に用意する事が出来るため、のぼり旗で店の周囲を覆うようなインパクトのある広告もしやすくなっています。
こうしたのぼり旗は市販もされているのですが、お祭りの屋台などで使用される焼きそばやたこやきなどといったポピュラーな商品名の物が殆どなので、それ以外の場合にはオリジナルで製作するのが基本です。のぼり旗の製作は専門店に依頼する事で可能ですが、今はインターネットからも発注が可能になっています。既製品で事足りるような場合でも、オリジナルののぼり旗を製作して使用すればライバルとの差をつけられますし、店や商品の雰囲気に合わせたデザインをする事で店のイメージアップ効果も期待できます。

ピックアップ

七五三参りののぼり

のぼり旗の製作にお勧めのポンジ生地

のぼり旗をオリジナルで製作する時に、選択肢となるのが生地の種類です。のぼり旗の製作は専門店に依頼するにしても、生地を選ぶのはあくまで自…

MORE
ラーメンののぼり

多くの人にアピールできるのぼり旗を製作しよう

何気なく道を歩いている時にお店ののぼり旗が目に留まることは良くあります。セール期間中や新発売メニューなど、魅力的な内容が書かれていて、…

MORE

最新記事一覧